いふログ

~アストルティアにまつわるエトセトラ~

2018年に見たアニメを振り返ってみる その3

前回からの続き。
今回も2018年中に見たアニメを視聴順に振り返ってみたいと思います。

境界の彼方
涼宮ハルヒの憂鬱」「らき☆すた」「けいおん!」で一時代を築いた京都アニメーションの作品。霊能力者みたいな「異界士」と妖怪みたいな「妖夢」の戦いを描く本格バトルモノ。キャラクターが魅力的ですし、恋愛要素も前面に押し出していて取っつきやすいです。クオリティの高い作画とリアルな演出も京アニならでは。最終話付近は少々理解が追いつかないような気もしましたが、概ね満足出来る面白さでした。劇場版もあるのですが、まだ見ていないので近いうちに視聴したいと思っています。

たまこまーけっと(TV&劇場作品)
「まだまだ京アニを貪るぜ!」って勢いで視聴。題名の通り、主人公「たまこ」と商店街の面々との心温まる交流を主軸に描く良作。怪鳥やら占い師の女の子やら王子やらが出て来ますが、正直言って作品の魅力にはあまり関係ない気がするw 続編である劇場版もこれまた良し。人情味溢れる商店街が出てくるだけで個人的にはツボなので若干評価が甘くなっているかも知れませんが、とっても良い作品でした。今まで見た京アニ作品でも1位、2位を争うくらい好きかも知れないなぁ。

機巧少女は傷つかない
人形使いの青年「雷真」と、その自動人形の少女「夜々」の2名を主人公としたお話。人形とは言え、いわゆる「お人形」ではなくって等身大の戦闘用サイボーグみたいなのだったり、100以上生きる巨竜の姿をしていたりと様々。ジャンルとしてはバトルモノなんですが、作品の主軸となっているのは主人公達の信頼であったり、友情や愛情であったりを描くところだと思います。機械は人が作ったモノであり、人のためにあるモノに違いないのですが、人は機械にそれ以上の思い入れを持ってしまう事も多いワケで。それが人と何ら変わらない姿形や心を持っていればなおさら。OP&ED共に名曲なのですが、OPの歌詞にある「君を護るためなら 壊れてもいい」という歌詞が表すように夜々ちゃんがとにかくいじらしくてたまりません。アニメ化されたのはほんの序盤部分だけのようなので続きも是非アニメ化して欲しいのですが、2期はあるのでしょうか?

四月は君の嘘 ※5話以降
一昨年末頃に見ていたのですが嫌な予感がして5話で視聴休止していたので、今回続きから視聴してみました。やっぱり想像していた通りのストーリー展開となりましたね。でも後味悪くならずに見終る事が出来たのはストーリーと演出の良さ故でしょう。ただの音楽モノと思いきや、お話の本筋は主人公の成長にあるワケで、そこが一味違うのかなと。好き嫌い分かれる作品かも知れませんが、音楽と映像の魅せ方はかなり素晴らしいですし、個人的にはオススメ出来ると思います。

クロスアンジュ 天使と竜の輪舞
「未だ見た事のない面白いロボットアニメはないかなぁ?」ってネット検索していたら引っかかってきたので視聴。不自然なくらい女子の裸体が映され、下ネタも頻出する異色のロボットアニメ。とにかく色々盛り込み過ぎて味は濁ってギトギトな状態。ロボットデザインは格好良いのにバトルシーンに重厚感が全く感じられないのも残念です。これだけ文句を並べていながら最後まで見れてしまったのは良く練られたストーリーのお陰かしら?結局エンターテイメントとしては成功してると言えるのかも知れませんね。主人公の声は水樹奈々さんだし、OP&ED共に水樹奈々さんだったりするので、ファンの方々は挙ってチェックしてるアニメなんだろうなぁ。

プラスティック・メモリーズ
チムメンのMさんにオススメされたので視聴。もう序盤から何となく結末の予想はついてしまう。結末がそこに見えている限り、そこに至るまでをどう過ごすのかがテーマとなってくるワケで、本作はそれを描いた作品なんですよね。見た人を完全に泣かせに来てる構造なんだけど、その嫌らしさが鼻につかないので素直に泣けました。後半はもう泣きっぱなし。「機巧少女」の項でも触れたけど、私って機械モノに弱いのかも?色んな人に見てもらいたい名作だと思いました。

甲鉄城のカバネリ
比率的にハズレの少ないノイタミナ枠から何かチョイスしようと思って視聴。和風スチームパンク!対ゾンビ!特殊能力の主人公!戦う美少女!と、売れそうな要素をごった煮にして一皿に盛り付けてみました!っていう感じのアニメ。前半はめっちゃ面白いんですが、中盤から失速し、最後はよくわからないままに終わるという尻すぼみ感はありましたが、娯楽作としてはまぁまぁと言えるのかも。素材は素晴らしいんだけど、調理方がそれを生かしきれてない典型。敢えて他人にオススメしようとは思いませんが、最初に挙げたような要素が好きな方はどうぞっていう感じ。

恋は雨上がりのように
こちらもノイタミナ枠からチョイスして視聴。17歳の女子高生と45歳のおじさんの一時期の恋を描いた作品。これだけだと凄くいやらしく不潔な印象を覚えてしまいがちですが、一切そういう事にはなりませんから大丈夫。それどころか互いが互いの人生に寄与しあえるような理想的な関係となって、その先の人生をそれぞれ歩んでいく。そんなキレイなお話になっています。OP曲がタイトルと相まって素敵。設定的に嫌悪感を持つ方も多いかも知れませんが、多くの人にオススメ出来る名作だと思います。

僕だけがいない街
順番はあべこべながらもノイタミナラッシュ!こちらは簡単に言うとサスペンスかつタイムリープモノなんですが、すっごく面白かったです。ジャンル的に何度も繰り返し視聴して楽しめる感じの作品ではないのですが、最初の1回は確実に楽しめるハズ!自信をもって誰にでもオススメ出来る作品だと思います。音楽も梶浦由紀さんが担当しているのでお好きな方は是非!

はい。かなり長くなってしまいましたので今回はここまで。
続きはまた次回!!

2018年に見たアニメを振り返ってみる その2

2018年中に見たアニメ作品を視聴順に振り返ってみるという前回の記事の続きです。

地球少女アルジュナ
2001年の作品。坂本真綾さんが歌う主題歌の「マメシバ」という曲が好きで昔から気になっていました。音楽も菅野よう子さんが担当しているし、見て損はないと思って視聴してみたワケです。一言で言うと「異色作」だと思います。作品自体のテーマが難解で重めなので好き嫌いが分かれてしまうかも?でも、私は嫌いじゃなかったし、そこそこ楽しめました。当時のアニメとしては高画質な部類なのですが、BD化されていないので今の解像度で見ると見劣りしちゃうのは残念。でも、音楽はやっぱり素晴らしかったです。

まほろまてぃっく(1期&2期&SP)
偶然こちらも2001年開始の作品。過去に1期までは視聴済みだったのですが、以降は未視聴。GAINAX作品は比較的に好きなモノが多いので、やっぱりチェックしておこうかな?って事で、再度1期から全話通して視聴してみました。見ていると「他作品っぽさ」を感じさせる演出が頻出するのはGAINAXならでは。どこかで聞いたことがある「えっちなのはいけないと思います!」の名言はここが元ネタ。全体を通して見るとSFなのか、ラブコメなのか、どう評して良いのか分からないけど、娯楽作としてはまぁまぁの出来。ただ、ラストの持って行き方が雑というか、それまでの積み重ねを台無しにしちゃってる感があるのでそこが残念だったかも?ちなみに本作品も中学時代の同級生が声優さんで参加してるんですが、セリフ聞いててもやっぱり気付けないですw

ガヴリールドロップアウト(TV&OVA
チームメンバーのYさんに薦められて視聴。Yさんと私はだいぶ感性が違うので、正直期待はしていなかったのですが、これが予想外に面白かったです。ジャンル的には学園コメディなのですが、全てのキャラクターがすごく立っているので楽しみながら一気に見終わってしまいました。作品の雰囲気的にはうまるちゃんに似てると思うけど、個人的に面白さはこっちが上! OP曲も作品の魅力を良く伝えられていてアニソン史に残すべき名曲かと思います。TVだけだと若干の尺不足感がありますが、OVA2話できっちり補っているのでこちらも是非見ていただきたいですね!そして誰が何と言おうとサターニャちゃんが一番カワ(・∀・)イイ!! 

Re:ゼロから始める異世界生活
最近流行りの「なろう系」ってやつなんですかね?「このすば」を見てる頃は知らなかったんですが、こういう異世界転生モノがここ数年の流行りのようです。日頃からタイトルを良く耳にするので視聴してみたのですが、なかなか楽しめました。ジャージ姿の冴えない主人公は「このすば」のクズマさんを連想させますが、こちらの作品はもっとシリアス。「死に戻り」を駆使して運命を変えていく流れはある意味シュタゲっぽいかも? 主人公のスバルくんはヒロインのエミリアに妙に惚れてるみたいなんだけど、これレムちゃんの方が全然可愛くないですか?こういう作品見てるといつも「この子の方が良いじゃん!なんでそっちの子に行くの!?」って思っちゃうのって私だけでしょうか?

幸腹グラフィティ
主題歌を坂本真綾さんが歌っていたので視聴してみる事に。これね、実は全然面白くないなって思って見ていたんです。グルメ作品とか料理作品と評するには掘り下げが浅いし、一体何を売りにしたアニメなんだろう?って。数話見ていくうちに徐々にキャラクターが立ってきてそれなりに楽しんで見られるようになり、終盤には「これは料理や食事を通して描かれるハートウォーミングな人間ドラマなんだ!」って理解出来るようになりました。この作品を見たことがあるチムメンさんに聞いてみたら「可愛い女の子が何かをしているのを見られるだけで楽しいっていう層がそれなりにいるんだよ」って言っていましたが、私にはちょっと何を言ってるのか分かんないです・・・。

ソードアート・オンライン オルタナティブ ガンゲイル・オンライン
こちらは珍しくリアルタイム視聴していました。SAOシリーズ視聴済みの私ですが、これはSAOを見てなくても十分楽しめます。登場人物のアバターがリアルとだいぶ違うのはファントムバレット編と大きく異なりますが、逆にそれがストーリーの肝にもなっている感があります。銃火器での殺し合いを扱いながらも、ゲーム上のエフェクトとてグロく見せない配慮も良いし、お話も綺麗にまとまっていて娯楽作として申し分のない出来。そしてやっぱりレンちゃん強い!レンちゃんかわゆす!復活した蒼井エイルさんの主題歌も良かったです。結果的に私が2018年中に視聴したアニメでベスト3に入る高評価な作品となりました。

OVERMANキングゲイナー
2002年開始の作品。15年以上前の作品なのですが、ロボットデザインは秀逸だし、音楽は田中公平さんだしで、今見ても何か妙にお洒落に感じるロボットアニメです。過去に何度か見ていたのですが、その都度途中で辞めてしまっていたので、宿題を消化するような使命感を持って全話通して視聴しました。ブレンパワード∀ガンダム→本作という流れで来ている作品なので全体的に明るくてポップですが、独特の富野節は未だ健在。ストーリーもブレンほど難解ではなく取っつきやすく仕上がっていて大いに楽しめました。今思えばどうしていつも途中脱落してたんだろ?あとゲイナーくん萌えw

・・・文字数的に多くなってきたので、ここらで一旦切りますね。
次回の更新をお楽しみに!!

         (C)2018 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.