iFlog

~アストルティアにまつわるエトセトラ~

スネてみた

ここ最近は即席PTを募集しての持ち寄りボスに行く事が増えてきました。
これは今まではコインにしろ、カードにしろ、実力的にどうしても倒せないという場合以外は極力仲間内で消化しようとしていたのですが、どうも私以外のメンバーは即席でガンガン消化しているらしく、「出来ることなら知り合いと一緒に使いたい」という私の健気な思いはどうやら完全に一方通行状態だったらしい、という事が最近判明したので、私は若干スネてしまって「いいもんね!だったら私も即席でどんどん消化しちゃうんだからね!もう知らないんだからね!」という心情になってしまった事に起因します。

f:id:ifuko:20160922133405j:plain

まぁ、確かに知り合いに奢ってしまうよりは即席で持ち寄りPTを作って行ったり、割り勘にしてお金を取っていった方がゲームとしては遥かに有利なのは分かるんですけどね。でも私は、そういう「有利」とか「不利」とかってモノよりは、もっと「思いやり」とか「繋がり」を大切にしたいと思うワケで、別にそれを他人にまで強要はしませんけれど、余りにも思いが伝わっていなかったり、心無い態度を取られてしまうと、やっぱり精神的にキテしまってスネてしまう事もあるワケです。だって、そりゃあそうでしょう?別に私は天使でもなければ、聖人君子でもないんですからw

そんなこんなで、自分のためだけにボスに行く事を覚えてから早くも数日が経ったワケですが、その効果はなかなかのモノで、徐々に装備しているアクセサリーに「+1」だとか「+2」という表記が増えてきました。
毎回狙い通りの合成結果が得られるワケではないので、そんな飛躍的に強くなるというワケではないのですが、やっぱり微妙にでも装備品が強くなるのは嬉しいものですし、ボス戦の場数をそれだけ多く踏むことが出来るようになるという事は経験を積むことによる慣れやPSの向上にも繋がるワケで、知り合いと徐々に疎遠になっていく可能性がある一点さえ除けば、後は完全にメリットしかありません。
まぁ、だからこそ周囲もそうしているのでしょうが、ゲームに必死になりすぎて大切なモノまで失ってしまうのは、私個人としてはどうなのかなぁと思います。

仮に「何のために知り合いと一緒にゲームをしているのか?」と考えた時に、「ゲームを有利に進めるため」なんて理由を挙げるようでは救いようがないと私は思うワケで、もちろん互いを利用する事は決して悪い事ではないのですが、それは一種の愛情みたいなモノがあってこそ。時には相手の為にメリットを捨て、敢えてデメリットを背負う事を選択出来るのも、非常に分かり易い愛の形だと思うので、やはり今後も知り合いには適度に奢ってあげようと考え直した私なのでした。

         (C)2018 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.