iFlog

~アストルティアにまつわるエトセトラ~

弓派じゃないんでw

昨夜はメイヴがⅣだったので何回か倒してきました。
「寝る前にあと1戦だけ行こうかな?」って思ったので、戦士で緑玉を出して誘われ待ちをしていたところ、占い師さんがリーダーのPTに拾われました。

開始数分で「勝てるPT」と「勝てそうにないPT」の判断がついてしまって残りの30分以上を半分萎えた気持ちで過ごす羽目になるなんていうのは、恐らく皆さん何度も体験しているであろう「常闇あるある」だとは思いますが、このPTも例に漏れずまさにそんな感じでした。
というのもPT主の占い師さんの動きが良くない事もあるのですが、動きがどうこう言う以前に、この占い師さんずっと片手剣で戦っているんですよ。補助そっちのけで戦士と一緒にハヤブサ斬りをしていたり。
文字通り、ずっと片手剣で戦っているのですから、言うまでもなく弓ポンなんて一切しませんし、その分僧侶の負担も増えるしで、とにかくグダグダな状態になっていたんです。

早々に2回目の全滅をした際に、いい加減我慢の限界になったと思われるPTの僧侶さんが占い師さんに対して「弓ポンありませんか?」と聞きました。
それに対して占い師さんの返した言葉は実に衝撃的なものでした。
「弓派じゃないんでw」

この占い師さんの衝撃発言に私が呆然としていたところ、僧侶さんは心が折れてしまったのか、その場でPTを抜けていきました。この数秒後、今度はPT主の占い師さんが無言でPTを解散
死亡復帰地点にしている邪神NPC群の前で、PTが瓦解してしまった私はただ一人、唖然としたまま立ち尽くすしかありませんでした。

いや~野良メイヴって本当に・・・(ry